<< シニア生活/図書館に月2回通う | main | 防災対策、あなたの防災対策の準備は出来ていますか? >>
節約とは、安売り・まとめ買いと食品ロスを考える
0

    どの年代においても、節約することは重要です。

    昨今騒がれている「食品ロス」は、心に痛い話です。

     

    今一度言葉の意味と「正しい節約」のために考えてみましょう。

     

    【まとめ買い】

    (○) 賞味期限のない生活用品の購入

       トイレットペーパーやティッシュペーパーなど、割引きされたり、ポイントが高い日にまとめ買う

    (✖) お菓子・食料品

       まとめ買い→次から次へと食べてしまう→結局多くの量を食べることになり、節約どころか無駄遣い

     

    【安売り】

    (○) その日食べると決めた食材・弁当など

    (✖) 結局買って残って食べないや冷蔵庫にしまうだけでは意味がない

     

    節約は、安く買うが基本ですが、値段ばかりに気を取られてはいけません。

    よくやるのは、「節約できたお金でデザートでも。。」は言語道断

    安く買ったから、何でも買うも結局捨てるはめになることもあるのです。

     

     

    以上のことから、安売り・まとめ買いが、いいとは限らないのです。

    定価でも、必要ものを必要なだけ買って、食品ロスを出さないということが、一番よいのかもしれません。

     

     

    JUGEMテーマ:節約ライフ

    カテゴリ:ひとりごと | 10:35 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする